残念女子大生の生きた証

リアルな女子大生の生活ぶりをかつもくせよ

就職セミナー

今日は大学で授業後に就職セミナーがありました。

大学三年生の私たち、そうなのです、そろそろ就職活動とやらが待ち構えているのです。

一応夏休みには三社のインターンに応募しましたが

電通はESで落選、武田薬品は選考会だけ参加、東京海上日動は最終選考まで参加

というとても中途半端な結果に終わってしまったのでした:)

なにせ就職活動に大しては後ろ向きに構えていた私なのでインターンもよくわかんなあいとかいってザ・ミーハー大学生というのを露骨に示すかのように有名な企業さんしか応募していなかったのです。

結局どれも落ちてしまい

もうやだ心折れた就職しないでアメリカに留学するんだ

そんな投げやりな状態になって気がつけば夏休みが終わり就職セミナーなんてあって冬のインターンシップの申し込みの時期になっちゃいました。

 

本当に、たぶんこれは私がいけないんだけど

時間が圧倒的に足りない

博士になりたい!なんて思って入った大学だけど

いまだに希望の研究室すら決まっていないのに、就職活動なんて.....

 

ご両親はこんないつまでたってもフワッフワで遊んでばっかりいる私を応援する気にはなれないとはっきりいわれちゃってるし...

 

就職セミナーを受けたら就職したい!

なんて簡単に思っちゃうタイプの人間だし

困った困った。

今になって昔から大人が言ってる

もっとまじめに勉強しておけばよかった

ていう言葉がいろんな意味で突き刺さるわああああ

 

そういえば映画 「何者」

ちょうど私たちにとってタイムリーな映画ですね。

絶対見ても現実突きつけられてあせるだけだから

絶対見たくない笑 うそですちょっと見たいです笑